ペニスをでかくするには?

ペニスをデカくするには?ペニス増大法を公開

ペニスって大きくできるの?
もともと生まれつきだから仕方ないと思う人も多いのですが、実際にこれは可能です。
小さいと女性としても満足しなかったり不仲の原因になったりと短小のままではメリットはほとんどありません。
やはり男性の象徴とも言える部分でもあるので大きくしたいところ、でも間違ったペニス増大法ではけがやトラブル、最悪ペニスそのものが不能になってしまう恐れもあるので注意が必要です。
ここでは実際に行われてるペニス増大の方法についていくつか方法があるので紹介していきます。

 

ポンピング法

寝る前などに機材を使用してペニスを引き延ばし、海綿体を伸ばすことで勃起時の血流量を増やしてペニスを増大させます。
直接引き延ばしたり吸引することでペニスの海綿体を大きくしてペニスを増大させる方法です。
私が初めてペニス増大の方法を知ったのは今から10年ほど前ですが、
当時アメリカではこの方法が流行っていました、というかこの方法で性器をデカくするというのが流行っていました。
今も実際にやってる人は多いのですが、とにかくデカくなります。

 

男性器だけじゃなく女性器や乳首などを巨大化させるんです。
メリットとしては効果はそれなりにあるし、太さ、大きさと気軽にできます。
デメリットとしては時間がかかる、痛みがあるなどがあります。

 

サプリによるペニス増大法

最近の主流ともいえるペニス増大法で気軽さから人気です。
サプリメントなどを飲むことでペニス増大を狙いますが、比較的ペニス増大法としては使用しやすいこと、かかる費用が安いことがメリットですね。
ただし個人差があるので効果としてはポンピングと比べて薄い場合があることなどがあげられます。
また時間がかかるのも特徴、やはりサプリを飲んで急にペニスが増大するとは限らないみたいですね。
ですので最近はポンピング法と合わせて使うことで効果的かつ短期間でペニス増大に成功する人も多いとか。
もっとも効果的なのはシトルリンと呼ばれる成分、これはホントにスゴイ、副作用もなく

 

ペニス増大手術

手術による方法です、一般的にはコラーゲンやヒアルロン酸などを注射器で注入することで概ね15%〜20%程度増大化させることができるとされています。
手術なので短期間にでき、手っ取り早い方法ではありますが、時間がたつとヒアルロン酸などは体に吸収されてしまうのでもとに戻る場合があること、手術なので(当たり前ですが保険適用外)当然費用は非常に高くなります(5〜10万円ほど)